2024年5月11日(土)第148回まちなかリボンサロン(WEB形式)開催の報告

第148回まちなかリボンサロンは、広島大学病院 薬剤部 滝沢大吾先生に『教えて薬剤師さん!!!抗がん剤の副作用について』と題してご講演いただきました。

まずは、4つに大別される乳がん治療の方法と、それぞれに使用される治療薬について説明をいただきました。

 

 

 

 

それぞれの療法で起こり得る特徴的な副作用について、治療には必ず利点と欠点があることから、良い治療とは利点を大きくして欠点を小さくすることであり、欠点を小さくするうえで薬が重要になってくることを教えていただきました。

 

 

 

 

そのうえで、副作用を薬で抑えていくこと以外にも、運動療法や食事療法など様々な角度から症状に対してアプローチする事の重要性をご説明いただきました。

また、薬を服用する際の注意点(食事と薬には相互作用があること)や、服薬タイミングの注意点、飲む頻度や服用後の身体への血中濃度を一定に保つことが重要であり、用量や用法を守って服用する事が、副作用を抑え、最も効果のあることを教えていただきました。

 

 

 

 

最後に、薬による副作用は個人差があることや、体調次第で副作用の感じ方が変わるため、気になった場合は、医師や薬剤師、看護師に相談してほしいと仰られ、共に解決策を模索していきたいと述べられ、レクチャーを締めくくられました。

次回6月の第149回まちなかリボンサロンは、広島大学病院 診療支援部 横山 枝杏華 先生に『進化を続ける超音波検査の世界 ~知ってほしい検査の大切さ~』をテーマにご講演いただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。