まちなかリボンサロン
まちなかリボンサロンとは

7月10日 第114回まちなかリボンサロン申し込みを開始します

新型コロナ感染症拡大防止を鑑みて、WEB形と現地形のハイブリット形式で開催していた「まちなかリボンサロン」は現在WEB形のオンラインのみで行っています。

レクチャー後に、チャットによる質問コーナーも設けます。
お気軽にご質問ください。
(時間の都合上、全員の質問にお答えできない場合もあります)

また質問コーナー終了後、希望者のみそのまま残っていただきオンラインでのおしゃべり会も開催しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。5月8日の報告でも様子を伺えます。

<WEBオンライン形式>
パソコンやスマートフォンからzoom(インターネット)を使ってご参加ください。
ミニレクチャーをご聴講いただきます。(定員100名予定)申し込み締め切り後、参加者に開催のURLとパスワードをメールにてお知らせします。

サロン参加ルールを設けていますので、必ずお申込み前にご確認ください。
 ■サロン参加ルール はこちら

==== 7月のまちなかリボンサロン =============

日 時:7月10日(土)14:00~16:00
☆ミニレクチャー
「 乳がんと生活習慣 」
講師:県立広島病院 消化器・乳腺・移植外科 尾﨑 慎治 先生

申し込み締め切り:7月6日(火)24:00まで

●必ず所定のお申込みフォームからお願いします。
●申し込み方法について分からないことがあれば、事務局までメールでお尋ねください。
●新たな会場である「ピンクリボン39ビル」に来られても会場形開催は行っておらず、スタッフもおりません。ご了承願います。

 

2021年6月5日(土)第113回まちなかリボンサロン(WEB形式)開催の報告

第113回目となるまちなかリボンサロンがZoomで開催されました。講演は福山市民病院 乳がん看護認定看護師で、当NPO法人副理事長の賀出朱実さんに「リンパ浮腫について~リンパ浮腫の成り立ちと予防のポイント~」と題してお話いただきました。

広島のみならず、全国から事前申し込みがあり60人以上の参加がありました。賀出朱実さんは、多くの患者さんが関心のあるリンパ浮腫について、幅広くわかりやすくお話しいただきました。リンパ浮腫の予防、リンパの流れを促す方法など、具体的に説明いただき、チャットでの多くの質問にも丁寧に答えてくださいました。

講演のあとは、前回に引き続きオンラインおしゃべり会がありました。参加は自由、医療者も加わり少人数のグループにわかれて、楽しくおしゃべりをしたり、医療者に気軽に質問したり、と30分はあっという間に過ぎたようです。

次回のまちなかリボンサロンは、7月10日(日)第2土曜日となりますのでお間違えの無いようお願いいたします。オンラインおしゃべり会も、どうぞお気軽にご参加ください。講演には県立広島病院消化器・乳腺・移植外科 尾﨑慎治先生に「乳がんと生活習慣」と題してお話いただきます。どうぞお楽しみに!

 

2021年5月8日(土)第112回まちなかリボンサロン(WEB形式)開催の報告

5月8日(土)第112回目となるまちなかリボンサロンが、今月もWEB形式のみで開催されました。

広島大学病院乳腺外科 惠美純子先生に「遺伝性乳がん卵巣がん症候群HBOC ~この1年で何が変わった?~」と題して講演いただきました。

惠美先生はこれまで主に高校生を対象に、知っておきたい乳房、乳がんについて学校へ出向いて講義され、がん教育にも関わってこられました。まずはじめに、学生たちに向けての「がんって何?クイズ」から始まりました。

HBOCこの1年の変化や、2020年4月からHBOC診療の一部が保険適応になったことをはじめ、大変貴重な専門的な内容をわかりやすくお話しいただきました。

 

今回初めて、「オンラインおしゃべり会トライアル」が行われました。なかなかリアルに集いおしゃべり会が開催できませんが、参加される皆さんから多くのリクエストがあり、このたびテスト的に行われました。方法は以下のとおりで笹田先生より説明がありました。

ブレイクアウトルームでグループに分かれ、医療者が2人づつ入ってくださり、お互い顔を見ながらのおしゃべりは、予想以上に盛り上がっていたようです。30分があっという間に過ぎした。

6月もオンラインおしゃべり会は行いますので、参加してみようかな、と思われる方はまちなかリボンサロンの講演が終わって、そのまま残っていてください。

次回のまちなかリボンサロンは、6月5日(土)福山市民病院 乳がん看護認定看護師 賀出朱実さんが登場「リンパ浮腫について~リンパ浮腫の成り立ちと予防のポイント~」と題してお話しいただきます。どうぞお楽しみに!

 

まちなかリボンサロン 「オンラインおしゃべり会トライアル」 のご案内

新型コロナウィルス感染状況を鑑みて、WEBオンライン形式のみでのまちなかリボンサロンがつづいています。
オンラインでもおしゃべり会のご要望が多数ありましたので、次回5月8日のサロンより、オンラインおしゃべり会のトライアルを開始します。
ミニレクチャー終了後、一般参加者5名程度、スタッフ1~2名程度の小グループを作って、グループ内で自由におしゃべりをしていただく内容です(ZOOMのブレイクアウトルーム機能を使用します)。
グループ分けは運営側でランダムにさせていただきますので、ご了承ください。
おしゃべり会の事前申込みは不要です。参加希望の方は、ミニレクチャー終了後、退室をせずにお待ちください(休憩時間)。5分程度でおしゃべり会が始まる予定です。

おしゃべり会に参加の際は、次の事項を守ってください。
①名前表示は呼びやすいものにしてください(ニックネーム可)。
②ビデオをオンにして顔が映るようにしてください。
③参加者全員がおしゃべりできるようにご配慮ください。
④プライバシーの保護にご協力ください。画面の撮影・録音、および内容をSNSなどで公開する行為は禁止します。
お守りいただけない場合は、退出あるいは今後の参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承ください。

トライアルですので、短めの時間で終了予定です(30分程度まで)。おしゃべり会のグループを退出すると、そのまま終了となります。
皆様のご参加をお待ちしています。

2021年4月3日(土)第111回まちなかリボンサロン(WEB形式)開催の報告

4月3日(土)第111回目となるまちなかリボンサロンがWEB形式でありました。広島大学病院薬剤師 網岡舞子さんに「正しく学ぼう 乳がんの薬との上手な付き合い方」と題して講演いただきました。

主な内容は、①乳がん治療と治療薬による副作用と対策 ②入院患者さんからの相談あれこれ ③乳がん治療における薬剤師の役割

また、自己紹介では、ご自身のスポーツ経歴やスポーツファーマシストの活動など興味深いお話もありました。

 

 

 

 

司会は同じく広島大学病院薬剤師の櫻下さんです。たくさんのチャットでの質問に、講師の回答をサポートしてくださいました。

現在、コロナ禍でWEB方式のみの開催が続いていますが、参加者は徐々に増えており、県外からも参加できるとあってWEBならではのメリットもあります。

一方、早く以前のように、リアルに会って医療者や参加者と交流したい、という声も聞こえてきます。一日も早くその日が来ることを願いつつ、WEBで繋がっていましょう!

次回のまちなかリボンサロンは、5月8日(土)14:00~WEB形式のみで開催。広島大学病院乳腺外科 恵美純子(えみあきこ)先生に「遺伝性乳がん卵巣がん症候群~この1年で何が変わった?」と題してお話いただきます。どうぞお楽しみに!