2018年12月1日(土)第90回まちなかリボンサロン開催の報告

師走に入ったこの日、ぽかぽかと日差しが温かく、第90回目となるまちなかリボンサロンがありました。

この日のミニレクチャーは、呉医療センター・中国がんセンター乳腺外科 重松英朗先生による「乳がんと肥満・運動・食事」についてのお話で、以前より皆さんの関心の高い内容でもあり、多くの方々が早い時間から次々と会場に詰め掛けてこられました。

乳がんに良い/悪いライフスタイルや、夕食時間と就寝時間が乳がんリスクに関連する可能性、運動は細切れに行っても効果があること、長寿に関係する食事のキーワードなどのほか、切らずに治せる可能性のある乳がんのお話しまで触れ、大変盛沢山の内容で勉強になりました。あっという間に時間が経ちましたね。

その後は医療者を囲んでお茶を飲みながらの歓談、あちらこちらから賑やかな笑い声も聞こえ、熱気あふれるサロンでした。
名残り惜しくも閉会の時間となり、お元気で、またね~とそれぞれ会場を後にされました。

●新年会&7周年記念の会のご案内
2019年1月12日(土)いつものまちなかリボンサロンのあと、別室で新年会&7周年記念の会があります。参加希望者でお申込みがまだの方は、NPO法人ピンクリボンプロジェクトまでご一報ください。 tel.082-544-0727 e-mail:info@pinkribbon-h.com まで。

●おのみち乳がんアカデミアのご案内
12月16日(日)14時~16時 尾道市しまなみ交流館で開催。事前申し込み不要。ぜひご参加ください。

次回2019年1月12日(土)のまちなかリボンサロンのミニレクチャーは「42キロの走り方~最強の体重管理法」JA尾道総合病院乳腺外科 佐々田達成先生の登場です。どうぞお楽しみに!

それでは皆さま、お身体大切に良いお年をお迎えください。
新しい年も、まちなかリボンサロンで元気に集いましょう!

2018年11月3日(土)第89回まちなかリボンサロン開催の報告

11月3日祝日のまちなかリボンサロンでしたが、いつも以上に参加者が多く、開場前から多くの人たちで賑やかにごった返し、うれしい悲鳴でした。


ミニレクチャーには、広島大学病院乳腺外科の舛本法生による「治療後の過ごし方~身体と心のケア」と題してお話しいただきました。


「皆さん、いかがお過ごしでしょうか?」と舛本先生は笑顔でやさしく語りかけ、会場は穏やかな空気で満たされました。
がんと上手につきあうことや、マインドフルネスの実践、また代替医療のこと、お薬のこと、とても貴重な内容で、皆さん熱心に聞いておられました。
この日医療者は学会出席などで欠席が多かったですが、それでも参加者の皆さんはテーブルを向い合わせてお互いに情報交換をしたり、お茶を飲みながらおしゃべりしたり、静かに耳を傾けている方、思い思いに午後のひと時を過ごしておられました。いつもながら16時のお開きの時間があっという間に感じられ、名残り惜しい気がしますね。

次回のまちなかリボンサロンは、12月1日(土)14:00~16:00
呉医療センター・中国がんセンター乳腺外科 重松英朗先生においでいただき
「乳がんと運動・肥満・食事」をテーマにお話しいただきます。
どうぞお楽しみに!

●新年会&7周年記念の会のお知らせ
2019年1月12日(土)いつものまちなかリボンサロンのあと、同じ会場の別室で開催します。16時半ころから18時半まで。会費:4,000円
11月3日のサロンで、約30名の申し込みがありましたが、まだまだ大丈夫ですので
どうぞお申込みください!医療者と一緒にお祝いしましょう!

●キャンフェス11月11日(日)に出展します。
広島駅南口地下広場で、第一回がん経験者の文化祭「キャンフェス」が開催されます。ひろしまピンクリボンプロジェクトも参画。当日はカープの赤松選手もやってきます。専門医による講演会もあり、どうぞご来場ください。

●おのみち乳がんアカデミア開催
12月16日(日)尾道市しまなみ交流館で「おのみち乳がんアカデミア」が開催されます。

それでは、12月1日(土)まちなかリボンサロンで元気に集いましょう!

2018年10月6日(土)第88回まちなかリボンサロン開催の報告

台風が心配された10月6日(土)幸い広島市内は大きな影響はなかったものの、朝から突風が吹き、皆さんの外出が心配されましたが、無事いつものように、まちなかリボンサロンは開催されました。

医師らは学会の参加などでやや少なめ、それでも遅れて参加くださる先生もいて、ゆる~く始まったサロンですが、徐々に賑やさを増してくるいつものまちなかリボンサロンでした。

この日のミニレクチャーは、広島市立安佐市民病院病理部 金子真弓先生に来ていただき「病理検査結果の読み方」と題して詳しく解説していただきました。
がんについての基礎知識から病理診断報告書の見方、サブタイプ別の推奨される薬物療法や、治療方法の決定について、最新の情報も伝えていただき、大変勉強になりました。

ミニレクチャーでしっかり勉強したあとは、それぞれテーブルを向い合わせておしゃべり&ティータイムです。初めて来られた方も、すっかり打ち解けて、それぞれ情報交換をしあったり、医療者を質問攻めにしたり、時折賑やかな笑い声も聞こえてきます。

16時のお開きの時間はあっという間で、皆さん、名残惜しそうに会場を後にされました。

次回のまちなかリボンサロンは、11月3日(土)です。14時から16時いつものTKPガーデンシティ広島でお待ちしております。ミニレクチャーは広島大学病院乳腺外科  舛本法生先生においでいただき「治療後の過ごし方~身体と心のケア」について話されます。どうぞお楽しみに!

10月14日(日)はいよいよ「ひろしま乳がんアカデミア」が開催されます。
参加費無料、事前申し込み不要です。それでは、広島県民文化センターでお会いしましょう!

<ひろしま乳がんアカデミア>
●日時 2018年10月14日(日)13:00~16:30(12:00 開場)
●場所 広島県民文化センター多目的ホール (広島市中区大手町1-5-3)
●会費 無料(事前申し込み不要)
当日、会場外エントランスでは、カープピンクリボングッズの販売他、協賛企業のパンフレットやガイドブックなどの配布やグッズの販売も予定しています。

 

2018年9月8日(土)第87回まちなかリボンサロン開催の報告

2018年9月8日(土)第87回まちなかリボンサロンが開催されました。
開場前からポツポツと参加者が集まって来られ、14時には会場は満席となりました。初めて来られ方も多かったようです。

ミニレクチャーには、広島大学病院形成外科 永松将吾先生に「乳房再建その後~自己評価と満足度」と題してお話いただきました。
最初に、形成外科で作っているものをイラストで紹介され、切ったり貼ったりすごい技術に驚きました。
乳房再建について、自家組織か人工物か、それぞれの特徴や事例を画像を見ながら丁寧に説明していただき、とても良い勉強になりました。

第2部おしゃべりタイムでは、初めて来られたお医者様も、すぐに参加者の輪に溶け込み、にこやかに談笑しておられました。

皆さまへの重要なお知らせとして、ひろしま乳がんアカデミアが10月14日(日)広島県民文化センターで開催されます。今年は、女医さんによるトークセッションもあり楽しみです。ぜひお出かけください。

また、9月11日(火)マツダスタジアムにおいて、100人以上の医療従事者がCCダンスでパフォーマンス、乳がん検診啓発活動とひろしま乳がんアカデミアのPRを行います。

次回のまちなかリボンサロンは、10月6日(土)です。
ミニレクチャーには、広島市立安佐市民病院病理部 金子真弓先生においでいただき
「病理検査結果の読み方」と題してお話いただきます。
どうぞお楽しみに!

2018年8月4日(土)第86回まちなかリボンサロン開催の報告

2018年8月4日(土)第86回目となるまちなかリボンサロンがありました。
猛暑のこの日でしたが、参加者の皆さんは大汗をかきながら次々と集まってこられ、会場内は徐々に賑やかさを増してきました。

医療者もたくさん来てくださいました。

この日のミニレクチャーは、広島大学病院乳腺外科 笹田 先生が『医療者とのコミュニケーション』と題してお話くださり、ユーモアを交えた語り口で、時折笑い声も上がっていました。

ひろしま乳がんアカデミア2018が、10月14日開催されることや、延期となっていた7周年記念の会が来年1月12日(土)開催のお知らせもありました。

次回のまちなかリボンサロンは、乳がん学会中国四国地方会があるため、予定を変更して第2土曜日 9月8日(土)になります。

ミニレクチャーには、広島大学病院形成外科 永松将吾先生においでいただき   「乳房再建その後~自己評価と満足度」と題してお話いただきます。
どうぞお楽しみに!